痙攣性便秘とは?

痙攣性便秘とは?

便秘の種類には様々なものがありますが、その中に「痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)」という便秘があります。

 

痙攣性便秘

 

ストレスや過労、睡眠不足など体や心の不調が原因となって起きる便秘を痙攣性便秘と呼びます。

 

 

痙攣性便秘の特徴

 

  • 便をしたいと感じているのに なかなか思うように排便することができない
  • 小さくてコロコロした硬い便ばかりが少しずつ出る
  • 便秘と下痢を交互に繰り返す

 

 

痙攣性便秘の原因

 

ストレスや過労、睡眠不足の症状が起きると、人間の体は自律神経が正常に働かなくなります。

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、この自律神経のバランスが崩れると痙攣性便秘の症状が起こりやすくなります。

 

副交感神経が優位になっていると腸の働きが活発になりますが、ストレスや睡眠不足で体や心が疲れていると交感神経が優位になってしまい、腸は動きが止まってしまうため痙攣を起こします。

 

痙攣を起こすとと、腸は一部が狭くなったりすることもあります。

 

このような原因から便が腸を通りにくくなり、便秘を引き起こすのです。

 

 

副交感神経が優位になりすぎても腸には負担が掛かる

 

実は、交感神経が優位になった時は便秘の症状が現れるのですが、副交感神経が優位になった時には下痢の症状が現れることがあります。

 

下痢の症状が現れる原因は、腸内に十分な水分を吸収させないまま便を排泄してしまうからなのです。

 

 

痙攣性便秘を解消するには

 

痙攣性便秘を解消するには、自律神経のバランスを整えることが大切です。

 

ストレスや疲れを溜めないことが大切なのです。

 

誰でも、毎日の生活でストレスが生じ溜まっていくものです。

 

その溜まったストレスを上手く解消しなければ、便秘だけでは済まなくなり、その他にも様々な病気も起こしてしまいます。

 

痙攣性便秘を解消するには、ストレスをこもめに発散し溜め込まないようにすることが必要です。

 

疲れを押し切って仕事をするのも時には必要かも知れませんが、痙攣性便秘の症状が起きていると言うことは、身体が休養を求めているということなのです。

 

ストレスや疲れを放置する

 

それは、ますます便秘の症状を重くするということになるのです。

 

しっかりと原因を取り除いてあげなければならないのです。

 

毎日のストレスや疲れを、こまめに解消することが、痙攣性便秘の予防に繋がります。

 

 

>>便秘が嘘のように改善された体験談はコチラ!<<

関連ページ

弛緩性便秘
弛緩性便秘とは、どんな原因から起こるのでしょうか?
直腸性便秘
直腸性便秘は、大腸ガンの原因になることもある便秘です。