便秘を引き起こす寝不足やストレス

便秘の原因となる寝不足やストレス

寝不足やストレスも便秘の原因となることをご存じでしたか?

 

腸のぜん動運動は自律神経によって支配されていて、自分の意思でコントロールできません。

 

副交感神経の作用に大きく関係しているのが、食べた物の栄養を吸収する小腸、水分を吸収し、便を形成する大腸の働きなのです。

 

心身ともにリラックスしている状態のときに最も作用するのが、副交感神経です。

 

例えば、睡眠時がもっとも副交感神経が作用している時なのですが、ストレスによって十分な睡眠が取れない、リラックスできる時間が少ないと言ったような時は、腸の働きが悪くなるため、便秘にもなりやすくなります。

 

つまり、日々のちょっとしたストレスや寝不足は自律神経を乱して便秘の原因となるのです。

 

ただ、便秘は物理的要素と精神的要素に左右されますから、精神的要素、つまりストレス面の解消だけでおさまらない場合や便秘が長引いて大腸の中で便が硬くなってしまった場合等は、入浴の際に腹部をやや強めにマッサージしたり、水分を多めに取り、繊維質の多い食べ物を多く食べるように心がけ、睡眠を十分に取るようにしてみましょう。

 

また、それでも改善されない場合は、内服薬を服用したり、浣腸を使用してみることも必要です。

 

 

>>便秘が嘘のように改善された体験談はコチラ!<<

関連ページ

便秘は何故起こる?
便秘はどうして起こるのでしょうか?便秘の原因を見てみましょう。
便秘の原因になる無理なダイエット
無理なダイエットは便秘の原因となります。