便秘はどうして起こる?

便秘が起こる原因

お腹が張って苦しい便秘。

 

一時も早く、その苦しさを解消したいのに、簡単には解消されない・・・

 

その苦しくて嫌な便秘は、何故起こるのでしょうか?

 

 

お通じは、胃や小腸で消化されてドロドロになった食べ物が、腸に入り腸壁の筋肉が伸びたり縮んだりする「ぜん動運動」で先へ先へと送り出されることで行われます。

 

しかし、「ぜん動運動」がうまく行われないと、便は大腸に溜まってしまいお通じが悪くなる、つまり便秘の原因となるのです。

 

そして、大腸に便が長時間留まっていると、水分が吸収されて硬くなるため、ますます出にくくなるのです。

 

これが便秘の原因なのです。

 

通常は、順調に大腸を通った便が直腸に達することで「便意」が起こります。

 

しかし、朝の忙しさや、トイレに行きたいのに我慢し続けると腸の働きが悪くなってしまい「便意」を感じなくなってしまいます。

 

その結果、便秘になってしまうのです。

関連ページ

便秘の原因となる寝不足やストレス
寝不足やストレスも便秘を引き起こすと言うことをご存じでしたか?
便秘の原因になる無理なダイエット
無理なダイエットは便秘の原因となります。